fc2ブログ

秋 桜

コスモス1












こんな小春日和の

穏やかな日は

あなたの優しさが沁みてくる











コスモス2











百恵ちゃんの歌を少しお借りしました。
素敵な歌ですね。











コスモス3











+ Read More

リンゴの味は

リンゴたち1












甘くて酸っぱい

そんな思い出も

どこかにあったかな?













リンゴたち2












青森に旅行した時に撮った昔の写真です。
ちょうど10月中旬ごろでした。
雨上がりのリンゴ畑です。













リンゴたち4











+ Read More

いつまでも

秋の花1











いつまでも

いつもの愛を













秋の花2












千日紅の花言葉は、
「色褪せぬ愛」「不朽」「不変」。
花が長くいつまでも続くことから、
生まれたようです。














秋の花3













+ Read More

不思議な縞模様

不思議な縞模様1










長続きしない生命が寄り添うものは

何百万年も存在する大地だろうか

たゆまず打ち続ける波だろうか












不思議な縞模様2













岩に金箔を張り付けたみたい。
なんだか、不思議な模様だと思いませんか?













不思議な縞模様3























不思議な縞模様4










+ Read More

遠くで汽笛を聞きながら

秋の雑草1












悩みつづけた日々が
まるで嘘のように
忘れられる時が
来るまで心を閉じたまま
暮らしてゆこう
遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことがなかったこの街で












秋の雑草2











+ Read More

ウミネコと

うみねこ1











すまし顔のウミネコさん。
一枚撮らせてねと、パチリ。


すると、
「なんか用?」
と、目が合っちゃいました。











うみねこ2











いや、ちょっと
ポートレイト撮ってまして、

ハイ、ポーズ。











うみねこ3











素晴らしい。
ちゃんと背筋伸ばして、
ポーズをとってくれました。

いいぞ、男前。












+ Read More

橋杭岩は

橋杭岩1












波に浸食されたのか
時間に浸食されたのか
何百万年の時も
今は灯のようだ












橋杭岩2













Wikipediaでは下記のように書かれています。
橋杭岩は、1500万年前の火成活動により、泥岩層の間に流紋岩が貫入したものである。
貫入後に差別侵食により、柔らかい泥岩部が速く侵食され、硬い石英斑岩が杭状に残されたものである。












橋杭岩3












+ Read More

海の落し物

和歌山1











海への落し物は

どこに流れ着くのか

どこを彷徨うのか












和歌山2











海風に帽子をさらわれたことがあったっけ。
レンズキャップを落としたこともある。
でも、もっと大切な何かを失くしたような気もする。

なんだろう?













和歌山3



















和歌山4












+ Read More

秋日和に

秋日和1













早秋の秋晴れの日。
小春日和にはちょっと早すぎるので、
普通に秋日和かな?

秋桜が綺麗でした。
何だかとても誇らしげに咲いているようで、
見ているこちらまで思わず微笑んでしまうような、
そんな秋桜でした。












秋日和2





















秋日和3















+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する