fc2ブログ

小梅日和2024 Ⅳ

24小梅日和14











満面にほころんで

満面に笑顔になって

満面に輝いて












24小梅日和15











陽気に誘われて、
体中で嬉しさを表現しているようで、
こちらまで幸せになれるような、
満面の笑顔の梅の花たち。












24小梅日和16












確かに花を撮っていると、
花に力を分けてもらってるような気持になります。
こちらも綺麗に撮るよと声をかけながら、
とてもとても幸福な時間。












24小梅日和17










+ Read More

小梅日和2024 Ⅲ

梅花一輪1











老いても咲くさ  梅の花

恥じらいながら うつむいて

それでも香る  春の風











梅花一輪2












梅の花から溢れる香りに、
もう春が来たように感じました。
まだ少し先の春ですが、
季節外れの暖かさに、
梅の花も少し慌てているのかもしれませんね。











梅花一輪3












最近、後ろ姿が気になります。
花もやっぱり後ろ姿が気になります。
なので、後ろ姿の花を撮ることが多くなりました。

梅の花の後ろ姿は、とても清潔で可憐です。
少しうつむき加減で恥ずかしそうです。












梅花一輪4












+ Read More

東大寺 ― 大仏殿 ―


大仏殿1











大仏殿って、こんなに大きかったんだ。
久しぶりに大仏殿を見て、改めてそう思いました。












大仏殿2











大仏殿や大仏様を最初に見た小学生の時(遠足で行きました)、
なんて大きいんだろうと思ったのは微かに記憶に残っています。
当時は大きいことは良いことだって言うようなコマーシャルもあったような。













大仏殿3










+ Read More

東大寺 ― 二月堂 ―

二月堂1













「お水取り」が終われば春が来る。

ちょうど三月の中旬に行われるこの行事、
一度は行ってみたいと思いながら、
中々行くことはできないもんですね。











二月堂2











大きな籠松明を持って境内を走る僧侶の姿は、
必ずニュースで流れるので、
誰もが知る有名な行事でもありますよね。
本来は「修二会」と呼ばれる長い祈りの儀式の、
ほんの一部なのですが、
いつからか「修二会」のことを「お水取り」と呼ぶようになったようです。
今では「お水取り」や「修二会」などについて、
ネットでも簡単に知ることができるので、
ご興味のある方は調べてみてください。











二月堂3












松明の火の粉を浴びると、
無病息災でいられると、
服に穴が開いても火の粉を浴びようとするのは、
それだけ無病息災であることがいかに難しいか、
誰もかれもわかっているからでしょうか。
「お水取り」を見に行った人は、
「火の粉で穴が開いちゃったよ」と、
大抵はとても嬉しげに語ります。
お水取りに行って水ではなく、火の粉を浴びるんだと、
小さな頃は不思議に思ってました。












二月堂4











+ Read More

小梅日和2024 Ⅱ

24小梅日和7












あわてないで

ゆっくり咲くから

ゆっくり咲いてゆくから












24小梅日和9












いろいろな事が加速する時代。
震災の支援は急いでほしいけれど、
私たちの生活自体は、
もっともっと緩やかになって欲しい。
急がないで、慌てないで、
ゆっくりゆっくりでいいから、
少しづつ歩めればいいよね。













24小梅日和10










+ Read More

小梅日和2024

24小梅日和1











まだまだ冬だけど

少しポカポカ

一人じゃないもの











24小梅日和2












まだ寒い冬の中で咲いている梅の花を見ていると、
何だか心が癒されるようにほっこりします。
寄り添うように咲く花たちは、
寄り添っているから元気なんだよと笑っているようで。












24小梅日和3















+ Read More

東大寺 ― 蔵 ―

蔵1












東大寺 法華堂(三月堂)の傍にある小さな蔵。
小さくても、高床式の校倉造り。
たしか社会科で習ったよな、と思いながら。
校倉造りって何だっけ?













蔵2












東大寺には、正倉院という超立派な蔵がありますが、
一般公開も限られているため、ちょっと近寄り難い存在。
それに比べ、この小さな蔵は親しみやすく、
間近に見ることができます。
法華堂経庫と言う名称ですが、実際にお経が入っているんでしょうか?











校倉造り?
蔵3













+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する